交際期間

結婚相談所を通じて、お見合いをすると、通常は2、3日以内で、次回も会いたいかどうかを判断し、担当カウンセラーを通じて相手方に返事をすることになります。そして、お互いが「次回も会いたい」ということになれば、だいたいお見合いから2週間程度の間に、初回デートの約束をします。それ以降の交際は、基本的に二人の自由ですが、だいたいお見合いから3ヶ月が経ったところで、結婚を前提に真剣交際に踏み切るか、それともその人との交際を打ち切って別のお相手を探すか、判断を迫られることになります。

これは連盟・フランチャイズ型の結婚相談所に特によく見られる傾向です。というのは、延々と交際されると、結婚相談所としてはいつまで経っても成婚料を支払ってもらえないからです。成婚料が発生しないインターネット型の結婚相談所でも、お見合いから2、3ヶ月が経った頃に、真剣交際をしている証明として「交際中」のマークやメッセージをプロフィールに掲載するように勧められる場合があります。「交際中」のステータスになると、データベースによるプロフィール検索で対象外となります。

こうした結婚相談所側の事情だけでなく、結婚相談所に登録している人自身も、ほとんど例外なく、早期に婚約、結婚することを望んでいます。交際期間は、お見合いから3ヶ月が勝負ということを肝に銘じましょう。もちろん、結婚を前提に真剣交際に踏み切った後は、ある程度自分のペースに合った(または二人の事情に合わせた)交際期間を送ることになります。

  • 結婚相談所ナビは全国にある結婚相談所を紹介するサイトです!
  • サイトマップ