終了後に気をつける事(男性)

お見合いパーティーに参加して、見事カップルが成立した人は、その後、お相手と話し合って初回デートの約束をします。話が合えば、そのままカフェや飲みに行っても、もちろん構いません。

ただし、男性としては、常に女性をエスコートする気持ちを忘れてはいけません。20代同士のカップルならタメ口、なれなれしい口調も許されるかもしれませんが、30代かそれ以上の年代のカップルでは、まず、男性は紳士的な言動を心がける方が無難です。その後、女性から「もっと普通に話してくれてよいですよ」と言われてはじめて、普通に話すくらいでちょうどよいのです。

それと、カップルが成立しても、最初からお相手の個人情報を聞き過ぎないようにしましょう。お互いのことを良く知らないうちは、警戒される恐れがあります。もちろん、メールアドレスの交換くらいは全く構いません。

お見合いパーティー終了後の飲食代は、基本的に男性が全額負担するようにしたいものです。ただし、次回以降のデートのことも考えて、最初からハードル(お店のグレードや値段)を上げすぎないようにしましょう。

万一、お見合いパーティーでカップルになれなかった人は、全くくよくよする必要はありません。お見合いパーティーとは数をこなすものです。自分沖にいるお相手がいなければ、交際希望者を紙に書いて提出する際に白紙で出してもよいのです。カップルになれなかったとしても、「変な女性に捕まらなくて助かった」「今回は俺の魅力に気づかない、可哀想な女性ばかりだった」くらいに考えて構いません。トライし続ける前向きな気持ちが一番大事なのです。

  • 結婚相談所ナビは全国にある結婚相談所を紹介するサイトです!
  • サイトマップ