結婚相談所を利用する人はどんな人がいる?

Q)結婚相談所を利用する人にはどのような人がいる?

A)これももう、千差万別としかいいようがありません。ただ、年齢層で言えば、男性は30代後半から40代前半が、女性は30代が一番多いと言われています。

収入面では、男性は一定以上の収入があります(入会時に、源泉徴収表など年収を証明する書類の提出を求められるのが普通です)。男性は20代なら400万円、30代なら600万円、40代なら800万円くらいが一般的な目安でしょう。もちろん、いわゆるエリート層に特化している結婚相談所では、登録者の平均年収が1300万円~1500万円程度だったり、逆にインターネット専業の結婚相談所の中には200万円以上あればよいなどと年収基準をとても低く設定しているところもあります。女性の場合、年収制限がないのが普通です。

職業(女性)で意外と多いのが、国際線のキャビンアテンダントや医者、歯科医、教師、音楽家などです。こうした職業の人は、休日が土日でなかったり、同業者との出会いばかりが多かったり、または(教師が特にそうですが)自由恋愛やデートをしているのを知人に見られたくないといった特殊な事情があるため、出会いの機会を求めているのです。男性は、医者や弁護士、官僚、青年実業家といった年収の高い人もいますが、やはり多いのはサラリーマンです。一部上場企業に勤務している人もたくさんいます。

学歴は、男性なら大卒または大学院卒、女性なら大卒が一番多くなっています。

  • 結婚相談所ナビは全国にある結婚相談所を紹介するサイトです!
  • サイトマップ